はだしで歩こう

 produced by CRAZY WEDDING

写真の無断転載はご遠慮くださいね。新郎新婦、そしてフォトグラファーさんの大切な作品です。

​高砂には二人がいつか暮らしてみたい理想の家。

丘のふもとで営まれる、活気溢れる人々の生活。その丘を登った小さな家で、

今日は楽しい結婚式!そんなイメージのもと生み出された、この日だけの空間。

靴を脱いで裸足になったらきっと、ありのままの自分で一歩踏み出せるはず。

未来を誓う結婚式は、新たな挑戦への始まりでもある。

二人自身はもちろん、ゲストにも何かのきっかけになればと願いを込めて。

お色直しでは一番自分たちらしくいられるデニム姿に変身!

二人が "マリッジデニム" と名付けたノンウォッシュデニムは、

色落ちして味が出てくるところが夫婦と似ている気がして、と選んだもの。

夕方には、船が停まるデッキで風を感じながらの挙式。

なぜ共に人生を歩もうと決めたのか、なぜ惹かれ合ったのか。

二人を360度囲むようにゲストが座り、決意が込められた言葉に耳を傾ける。

「心から二人を祝福し、夫婦と承認しよう

形式にとらわれるのではなく、

この挙式は、結婚式というものの本質を体現していた。

「この場から離れるのが寂しい」と

日が沈み、会場を後にする時刻になっても

ずっと余韻に浸るゲストもいたほど、幸せに包まれた日。

impression

全てのシーンが絵になる二人でしたが、特に印象的なのは挙式でした。

二人は芝生のサークルの中に立ち、ゲストは温かく、静かに見守る。

たくさんの人がいる中で、二人の誓いの言葉が空に響き渡りました。

「私は一目であなたに恋をしました」

新婦のこの言葉で、二人が出会った瞬間に

タイムリープしたような感覚。一瞬現実を忘れてしまうほど引き込まれました。

この一日をずっと大切にし続けている二人は、なんと本当に

当時憧れていた

夢を夢で終わらせない二人の始まりは、確かにあの

田舎暮らしを実現!

「裸足で踏み出した一歩」

だったのではないでしょうか。

Photo by Takaaki Orihara / kuppography